Diary

日記 閲覧フリー →Pia-no-jaC←さん10周年ライブ「→PJ← History」へ行ってきました!

今日は→Pia-no-jaC←さんのライブ「→PJ← History」にお邪魔させて頂きました!sparkles

→Pia-no-jaC←さん
10周年おめでとうございます!!tadatada

約4時間半!
全85曲の超絶ボリューミーなライブだった…!!!
全曲分の歴史とエネルギーが詰まっていて
ライブを10本くらい見終わったような感覚flushed
というか曲数がリアルにそれくらいなんですよね!


→Pia-no-jaC←さんのライブを見ていつも思うことは
ステージ上に二人しか立っていない事を信じられなくなってくるという事…
この熱量、この音、
まるで舞台に100人くらい立って歌っているかのような不思議な感じ。

そんなステージで10年を振り返るというのですから、
もう、もう、エネルギーはすごいよ。
ハンパじゃないのよ。
スケールが、とにかく大きいのです。
生きよう、という欲を、バンバン掻き立てられるような。というか駆り立てられるような。


アーティストは聴いてくれる人を引っ張っていく事が仕事なのかなと思います。
精神論で目に見えない事ではあるけど、
体感するとそれはもう物理に近い。

きょうは→Pia-no-jaC←のお二人に、私含めお客様全員がグイグイ引っ張られました。
引っ張られた先は自分では踏み出せなかった場所で
少しの勇気が必要だったけど、
手を引いてもらえたから踏み込めた。っていう場所。

音楽が人に出来る事ってほんとにあると思います。
これは魔法とかファンタジー的なものじゃなくて、
ひとつの現実として存在するのだと思います。
10年間、そういう音楽を続けて→Pia-no-jaC←さんは偉大だと思うのです。

改めて、
10周年おめでとうございます!!!tadatada
これからも応援しております!!!











私はどうやりたいのかなって考えたのだけど
そっと手を取って、優しく誘ってみたいっ。

そういう歌を歌ってみたいねっ。


おやすみ!

コメント:

コメントはありません